借金返済には身内の理解を

借金でお金を借りることは、決して悪いことではありません。
無理のない返済計画をたて、きちんと返済を続けておけば、特段問題ないものです。
借金は「絶対悪」ではありません。

しかし借金を抱えている方は、身内にきちんと配慮を行う必要があります。
借金のために身内に迷惑をかけてしまう方も、たくさんいらっしゃいます。
親子、兄弟、夫婦などの一番身近な方に迷惑をかけてしまう借金の利用方法は、やはり「悪」といわざるを得ないでしょう。

自分の借金で身内の方が困っている、家族を犠牲にしている、とはなかなか気付かないこともあります。
欲しいものを我慢している。
家計をなんとかやりくりしている。
節約のあまりプライベートが楽しめていない。
身近な方のこのような状況に、きちんと気づいているでしょうか。

借金は利用する方本人だけの問題ではありません。
家計を共にするすべての方の問題でもあります。
そのことを理解して借金返済をしていくのと、気づかずに借金を繰り返していくのでは、まったく異なる結果になるでしょう。

借金返済に身内の理解は得ているでしょうか。
たとえ自分の収入だとはいっても「自分のお金だから自分の自由に使っていい」などという勝手な態度では、今後の人生にも悪影響を与えることになります。
家出、別離、離婚、家庭崩壊のあげく、孤独に陥る可能性もあるのです。
借金返済や債務整理では、きちんと身内の心情も考えるようにしましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.